東京SEOサポート・北九州SEO倶楽部 - 東京SEO対策サポート・北九州SEO倶楽部【本部】

東京SEOサポート倶楽部
コンテンツに移動します

SEO対策の当初に起きる現象の説明(好転作用

※このページをご覧になって、SEOサポートをご依頼される方に、勘違いが多々あるので、ご説明します。この以下のSEO検索上位への上昇は、私が現在ランディングページで制作中でありしっかりこの期間はSEOの内部対策・外部対策を行って知識ある者がサイト管理をしてます。

もし、その後にあなたからのSEOサポートのご依頼があった時は、サポート指導を行いながら内部対策などの記事などは管理者本人しかできない作業があります(簡単な作業)。これを行い私と外部サポートと作業が一致などして、Googleクローラが
巡回してきて認識して、そこからWEBへ伝達します。このような時間的な時間差が生じますので、私の場合はサイト管理者本人なので内部対策+外部対策の時間ロスはなく、プロとしてのスピード結果を出して管理してるので今後サポートする、あなた(御社)さまのサイトでは時間差または期間差が出ますのでご理解下さい。

ここでは長年の経験でSEOサポートの管理を行ってる時に起きる「好転作用」について簡単な説明と画像を掲載します。

1:この画像ではサイト制作から7日目でキーワード検索した結果画像です。
⇩⇩




2:この画像ではサイト制作から13日目でキーワード検索した結果画像です。好転作用が出まして、一旦13位まで下位へ落ちてます。
⇩⇩



3:この画像ではサイト制作から14日目でキーワード検索した結果画像です。好転作用が出まして、一旦13位まで下位へ落ちましたが3位へ戻りました。まだまだ安定はしない期間です。
⇩⇩




4:この画像ではサイト制作から30日目でキーワード検索した結果画像です。好転作用が出まして一旦13位まで下位へ落ちました。そしてその後3位へ戻りました。制作して期間が30日目なので、これから安定期の入りますが、まだまだGoogleクローラへ信頼を当てないといけないので、定期的な内部管理の継続が必要になります。
⇩⇩


以上がSEO対策サポート中に起こる上昇した後の不安定な状況を掲載しました。


2ページ目などに出るyoutube動画のSEO対策の検索上位表示です。

私のSEO対策サポートは、youtubeやブログ・ソーシャルネットなどの各管理でキーワード検索では1ぺージから3ページへの管理サイトで上位独占表示までのノウハウを持ってます。そのための1例としてこの画像を掲載しておきます。

当然SEO管理は管理者さまは自社管理を定期的に行ってGoogleクローラで信用管理的なサイトの管理を行う必要があります。その理由は、このSEOへのサイト信頼は管理者さまの日々管理の信頼となります。つまりインターネット上などの通販サイトなどは管理者は同社同士、しっかりした製品案内の更新やイベント企画の案内更新で、努力差(ここは同じスキルのSEO管理能力の場合)でGoogleが判断してるようです。

その根拠は、過去に行われたGoogleのペンギンアップデートは(2012年4月に導入され、パンダよりはゆっくりしたペースで更新が続けられています。)当時アフィリエイターたちが米国ソフトなどでブログ量産で検索キーワードで各アフィリエイターたちは上位独占表示をしてました。しかし、これらの方法は量産制作してWEBへアップして、その後更新管理の一切ない方法でしたのGoogle基準は「より良いサイトへユーザーへ」が基本なので、そのような怠慢サイトは上位表示には厳しくなってきました。※これがGoogleへ伝える、大切な定期的な急がず慌てずのサイト管理です。



⇧これはyoutbe動画を制作して数時間で2ページでアップした記録です。


その後の経過確認として2022年7月23日のキーワード検索 東京SEOサポートで検索した変化「好転作用」です。

サイト制作後、約30日間で2位まで上位表示で安定してきてます。1位は弊社がこの企業がSEO対策サポートを行う前にしっかりとSEO対策のノウハウを継承した企業です。現在私の2位のサイトが継続的な更新を行えば順位が変わるかもしてません。これは各自サイト管理の時間継続などの影響でGoogleが判断するので、WEB上から先は管理できません。





そして同日の2022年7月23日1ページには、他の管理サイトも9位に上位へ上昇して来ました。これは当然メインサイトLP制作中に、twitterなどへ記事を投稿を行ったりしてGoogleクローラへ更新作業の履歴を残して、このように関連結果がでます。





そして同日の2022年7月23日に2ページ~3ページへと弊社の関連して他のサイトなどが1ページから3ページまで上位で表示をしています。このように、SEO対策はサポート提供者(外部対策)とサイト管理者(内部対策)の両車輪を行い、検索上位表示と結果がでます。このように、過去廃業したSEOサポート各企業・サポーターはソフトなど使用して、あなたなのサイトを管理して行えば契約時は即効性で検索上位へ上がりますが、そのソフトが管理するページはGoogleクローラへの履歴が残るので不正管理を行えば、スパム・ペナルティとなり最悪の結果となります。






コンテンツに戻る