東京SEOサポート・北九州SEO倶楽部ping送信 - 東京SEOサポート・北九州SEO倶楽部【本部】

東京SEOサポート倶楽部
コンテンツに移動します

ping送信の記録画面

以下は各日ごとでのping送信記録です。










WordPressでPing送信先を設定する方法
WordPressには最初からping送信機能が備わっています。WordPressにログインしたら、ダッシュボードから「設定」を選択しましょう。次に、下記の画像で緑色の枠で囲ってある「投稿設定」をクリックすると、メイン画面の下方に「更新情報サービス」と表示されます。あとはコピーしておいたPing送信先のURLを赤枠で囲ってあるスペースにペーストし、「変更を保存」をクリックすれば完了です。



有効なping送信先リスト

PING送信先リスト一覧(ここからコピペでok)
コピペでの数は多くても15個くらいまでです。
ping送信の時間がかかり負担になります。
または、
Google検索で2022年度ping送信 などで検索をして下さい。
※注意点:下のping送信先のURLは時々受信エラーやURLが
消滅されたりするので、お気づきの時は、そのURLは削除してください。

http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://xping.pubsub.com/ping/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.dendou.jp/
http://pingoo.jp/ping/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
ping送信の注意点

Ping送信の代表的なリスクとして下記の3点が挙げられます。下記のケースでは、サーバーに過度な負荷を与えるのはもちろん、場合によってはpingサーバーからスパム判定を受け兼ねません。

送信の頻度が多すぎる
送信先が重複している
既に受付を終了しているPing送信先にも自動で通知される


コンテンツに戻る